プロフィール

サトミケンゴのプロフィール

ラスコーの壁画のイラスト

◇ニュースを漫画にする漫画家です。

2009年よりニュースを漫画化して配信するサイト「漫画の新聞」にてマンガ制作を担当させていただきました。

2011年3月より毎日新聞社のニュースアプリ「スマ町銀座商店街」の立ち上げに参加。のちに「毎日まんがニュース」と改名。

2017年3月の閉鎖まで6年にわたってニュース漫画を執筆。

2017年3月より毎日新聞社「月刊ニュースがわかる」にて「NEO歳時記」を1年間連載させていただきました。

その際はサトミ☆ンというペンネームを用いていました。

ここで得たノウハウやスキルを、自分のブログ「サトミマンガ.com」に活かそうと思っています。

ニュース漫画家という仕事って何?

ニュース漫画のサンプル

聞き慣れない言葉だと思いますが、文字通りニュースの記事を漫画にして制作するお仕事です。

・難しい政治・経済のニュースを絵や図を交えて、わかりやすく解説する。
・ニュースとしての情報量と中立性、マンガとしての面白さのバランスをとって漫画化する。

いわゆる「マンガ」とは違う「ニュース漫画」

爆発的なセールスが期待できるようなジャンルではありません。アニメ化はもちろん、単行本が出るわけでもなく、かれこれ10年くらい、細々とそんな表現活動を続けてきました。

ニュース漫画の灯も、ささやかながら灯し続けていきたいと思ってます。

『時空オカルト研究会』について

もはやこのブログのメインコンテンツとなりつつありますが、80年代~2010年代までの4つの異なる時代から時空を超えて一同に会した刻牢学園(こくろうがくえん)オカルト研究会のメンバーが、オカルトを考察したり、年代ごとの時事について議論してみたり、時には試食をしてみたり、という内容になっています。

八十島 小夜子
わたしは88年からやってきたワ
九重 直行
おれは98年から来たぜ
零乃瀬 知里
あたしは08年から。00年代について語るわ
十念 絵馬
僕は18年からです

こんな感じで、面白くためになる記事を書いていければと思います。

筆者のオカルトに関するスタンス

このブログでは、いわゆるオカルトと呼ばれるジャンル、超常現象、UFO、心霊写真、預言、オーパーツ等の記事を予定していますが、筆者はこれらのオカルト現象について、「科学的根拠がないけれど、謎と不思議には大変興味深い」と考えています。科学的根拠のない事象をむやみに信じることはありませんが、自分を含めて、なぜ不思議に惹かれてしまうのかとても興味があります。

◇ブログを書く理由

果たして自分は漫画家なのかという問題があります。

実際問題、どのレベルからが「漫画家」なのかという定義もあいまいな業界です。人によっては紙媒体の単行本が出て初めて「漫画家」を名乗れると言い、あるいは「ヒット作を持って」「アニメ化して」…漫画家という資格があるわけでもないので、定義自体がまちまちです。ある意味、名乗ったもの勝ちみたいなところもありますし。

私の場合、新人賞の受賞歴はありますが、これだけでは一般的に漫画家志望者でしょう。商業誌の読み切り及び連載経験もありますが、現在のところ単行本発売には至っておりません。

では自分は自称「漫画家」なのか? しかしWEB媒体で6年以上、編集者と原稿のやり取りをし、納品して原稿料をいただいてきた実績はあるわけです。

で、漫画を続けるならば編集者のツテをたどるか雑誌に投稿か持ち込みをするかで連載を勝ち取るか…という選択も考えられましたが、描き上げた原稿に修正を繰り返し、粘って粘って没になって…たとえ連載を勝ち得ても、人気がなければ打ち切られて単行本すら出ない。ここまで数年。途方もない時間は効率的ではないと思い至りました。

人生の時間は有限です。

ブログという媒体を通じて、もう少し大きなフレームで「漫画」を作っていきたいと思っています

なぜ、内向的な人のために書くのか?

ある編集の方に言われた言葉が忘れられません。「読み手を選んではいけない。パイは広く全ての人に届くように描くことが大切です」「最初から読者を切り捨ててはいけない」と。至言ではありましょう。それができるのがメジャー、ヒット漫画家。私もメジャーの夢は捨てきれないので心の底にとどめておきます。

それでも、内向的な人たちのために向けた記事を書き続けていきたいと思っています。

なぜなら、私を含めた内向型の生きる術は厳しいからです。

先史時代から現代にいたるまで、日本および世界中のほとんどの社会、産業施設、職場環境などが、外交的な人に向けて開かれてきました。

人間は社会的な動物なので当然なのですが、比較的生きやすくなった21世紀の現在でなお、内向的な人間にとっては周囲となじめない現状が続いております。

そんな社会の中で、息苦しい思いをしている内向的な人たちが少しでも生きやすくなるような言葉と価値観を届けていければと思います。

 

まだ何ができるか未知数ですが、本ブログを起点として様々な表現活動にチャレンジしていきたいと思っております。

更新日:

Copyright© サトミマンガ.com , 2019 All Rights Reserved.