たま(バンド)イラスト

音楽雑記

たま(バンド)現象とは何だったのか 

更新日:

独特の音楽性と表現力で平成初期を彩った伝説のバンド「たま」

ブレイク期間が短かったためか、個性が強すぎたためか、直接的なフォロワーは生み出さなかったように思えますが、音楽シーンに与えたインパクトは絶大なものがありました。

メジャーを引き受けず、それぞれが独自の道を行った「たま」について語ります。

たま(バンド)とは

たまは昭和59年(1984年)に3人で結成されたバンドです。昭和61年(86年)に4人体制になり、インディーズレーベル「ナゴムレコード」から『でんご』『しおしお』2枚のアルバムをリリースします。

平成元年(89年)深夜番組『三宅裕司のいかすバンド天国』「イカ天」に出演し、その独特なファッションと楽曲の世界観がお茶の間の度肝を抜きました。

文字通り一夜にして有名になりました。

90年にメジャー・デビュー。『さよなら人類』はオリコン初登場1位、売上げ58.9万枚を記録し、その年の『NHK紅白歌合戦』にも出演しました。

その後、ブームが下火になって次第にヒットチャートやメディアに現れることもなくなっていき、96年には3人体制になりました。

以降もマイペースに活動を続けていましたが、03年に解散。

いわゆるブレイクしていた期間は短かったですが、その強烈な独創性と個性は、唯一無二のものでした。

もっと「たま」を知りたい方へ

今回この記事を書くにあたって、「たま」という船に乗っていた/石川浩司著を参考にさせて頂きました。

当事者による記録は、文字通り超一線級の資料です。

なお、現在は絶版ですが、石川浩司のサイトにて無料で読むことができます。

当時のメディア・マスコミなどの様子も生々しく書かれているので大変参考になります。

「たま」という船に乗っていた/石川浩司著

 

そして、こちらのサイトはリアルタイムではない方の記事ですが、非常に濃い内容です。

伝説のバンド『たま』研究所

たまのメンバーと音楽性

知久寿焼(ちく としあき) ボーカル、ギター、ウクレレ、ハーモニカ等

オカッパ頭にちゃんちゃんこ(冬季はどてら)足元は下駄というスタイル。

猫背でギターを肩から紐でかけて歌います。

昭和の夕焼け空のような、悲しい歌声が特徴です。

たま出演時の「イカ天」で審査員をしていたオペラ歌手の中島 啓江氏は歌唱力を絶賛しています。

『らんちう』では、アングラ演劇のようなシュールでノスタルジックな世界観を展開しています。

 

石川浩司(いしかわ こうじ) ボーカル、ドラムス、リコーダー等

通称「たまのランニング」ドラマ『裸の大将』山下清のような恰好でドラム(風呂おけや鍋なども含む)を叩きます。

リードボーカルで歌うときは狂気を秘めた満面の笑顔で歌います。

地声から急に叫んだり、語りだしたり目まぐるしく変わる賑やかな歌い手でもあります。

『学校にまにあわない』は、6分以上の大作ですが、曲調が目まぐるしく変わる複雑な楽曲です。

石川氏の作風は一見、牧歌的な雰囲気の中に、突然ギョッとするような感覚が混ざりこみます。

人と違う独特の視点と感性が、楽曲に現れているように感じます。

 

柳原幼一郎(やなぎはら よういちろう)  ボーカル、アコーディオン、ピアノ等

96年に途中脱退しました。大ヒット曲『さよなら人類』の作者です。

基本的にたまの楽曲は作曲者がリードボーカルを務めるため、柳原氏の脱退後は同局は封印されました。

独特のポップさを持つたま屈指のメロディーメーカーです。

歌い方も独特で、ポップな中にもどこか退廃的な雰囲気もあって一筋縄ではいかない印象です。

個人的な印象ですが、ドレスコーズの志摩遼平氏は、ひょっとしたら歌い方で影響を受けているのかな?

と思うのは気のせいでしょうか…

 

 

滝本晃司(たきもと こうじ) ボーカル、ベース等

たまがベーシストメンバーを募集したときに加入されたそうですが、一度もベースは弾いたことがなかったといいます。

物憂げな雰囲気を持った方で、大正時代の詩人のような印象を与えます。

彼のボーカルは少し虚無的でロマンティックで、たまの中ではもっとも大人っぽく感じます。

たまが独立した際にも社長に就任していますが、どうもじゃんけんで決めたとか。

彼の作で個人的に好きな曲は

『海にうつる月』

繊細な雰囲気のバラードでリズムが素晴らしく、静かな夜の海を表現しているとてもキレイな曲です。

 

たまは全員が作曲ができ、歌うこともできるので、ブレイク当時は「日本のビートルズ」とさえ言われました。

たま解散後の活動

解散後も彼らはソロ活動などで音楽を続けております。

知久氏と石川氏はソロ活動の他、パスカルズという14人編成のアコースティックオーケストラ的なグループにも所属しています。 パスカルズ

柳原氏の公式ウェブサイト Yananet 柳原陽一郎 オフィシャルサイト

滝本氏の公式ウェブサイト 滝本晃司のウェブサイト

 

それぞれが、自分のペースで好きな音楽を表現し続けているのはネットを通じて知ることができます。

メディアの意向に左右されないで、のびのびと表現活動を続けている姿はとてもカッコいいと思います。

自分にとっての「新しいこと、楽しいこと」をやりたかった。

そしてあくまで俺の予想だが、他のメンバーにもそれぞれ差はあるにしても、そういう部分はあったのではないかと思うのだ。

なんせ「好きなことしかやりたくないも~ん、へへ~ん」のワガママな俺達なのだから。

引用元:「たま」という船に乗っていた/石川浩司著

ナゴムレコード時代について

たまを語る上で忘れてはいけないのが、ナゴムレコードというインディーズレーベルです。

主宰者はバンド『有頂天』のケラ(現ケラリーノ・サンドロビッチ)氏です。

名前の由来は先鋭的な活動をするからレーベル名くらいは「和む」がいいとのことで決められました。

 

ケラ氏言うところの「はぐれものとか、弱者とかの為の音楽をやってる人達」を積極的に取り上げる「異能者」のためのレーベルです。

たまの音源が世に出ることになるキッカケのひとつは、ナゴムレコードにデモテープを送ったことも関連しています。

 

 

九重 直行
イカ天に応募したのは事務所の女性スタッフで、出るか出ないか何週間も並んでいたメンバーにしびれを切らして勝手に応募したとか
零乃瀬 知里
インディーズではそこそこ知られてはいたそうだけど、当時のテレビの影響力はケタが違う
八十島 小夜子
…人生わからないものね
零乃瀬 知里
ナゴム時代の突然のブレイクで、多くてもせいぜい数十枚程度の通販くらいしか売れてなかったレコードが、一日で数千枚も注文が来てスタッフはパニックになったとか
十念 絵馬
主宰者のケラさんは「たま」で儲けたお金でお父さんのお墓を建てられたそうですね

 

 

ナゴムについては当ブログの方向性にも相当な影響を与えているので随時語っていくつもりです。

そうそうたるたま好きな著名人

たまの特徴は、多くの業界人に好かれたことも挙げられます。

エッセイスト、イラストレーター、ライター、コラムニスト、漫画家、ミュージシャンなどでたまのファンを公言する人は非常に多いのではないでしょうか。

 

零乃瀬 知里
さくらももこ氏や吉本ばなな氏との交流は知られているよね
九重 直行
漫画家つながりで言えば吉田戦車氏の漫画『ぷりぷり県』のイメージアルバム『パルテノン銀座通り』が作られたり、作詞も共作していたり
十念 絵馬
表現したい人にとって、妙に創作意欲を刺激するバンドですよね
九重 直行
90年代シノラ―ブームを巻き起こした篠原ともえ氏は「たま」のファンを公言していた
八十島 小夜子
シノラ―ファッションって80年代のナゴムギャルを彷彿とさせる格好ね
零乃瀬 知里
著名ミュージシャンにもファンや影響を公言してる人多いよね
十念 絵馬
ホフディランのワタナベイビー氏は、たまの解散ライブにゲスト出演して、封印されていた『さよなら人類』を歌ってしまったというエピソードもあります
零乃瀬 知里
意外だけど演歌歌手の氷川きよし氏が初めて買ったCDは「さよなら人類」だってさ
十念 絵馬
スピッツの草野マサムネ氏は「日本のアーティストで影響を受けたのは、ブルーハーツとたま。たまは、コロンブスの卵みたいな感じ」と、雑誌のインタビューで語っていたと言います
九重 直行
THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)は「90年代で最も衝撃を受けたアーティストは?」というCDTVのインタビューで「たま」と答えている

※これら「たまファンの有名人」についての記述は石川氏のサイトを参考にさせて頂きました。 たまファンの有名人

 

十念 絵馬
ドレスコーズの志磨遼平氏はドラムの石川氏との対談でファンを公言していますね
零乃瀬 知里
そんな、才能あふれるミュージシャンから慕われる一方で、平成時代を代表するバンドのひとつでもあるMr.Children(ミスターチルドレン)の桜井和寿氏からは「イカ天」および「たま」が大嫌いだったとテレビやライブMCで公言してたね
十念 絵馬
桜井氏の発言に関しては「たま」というよりも、奇抜な格好をした色物バンドと自分たちは一線を画したいという文脈で語られたと思いますし、たまについてもなかなか深い歌詞だと感心したとか
零乃瀬 知里
ミスチルは覚悟してメジャーを引き受けた感じがあるよね。たまは引き受けなかった

十念 絵馬
メジャーを受け入れなかった経緯は石川氏の本で生々しく書かれていますよね




リアルタイム「たま現象」目撃記

十念 絵馬
直行さんはリアルタイムで「たま」および「たま現象」を目撃したとか
九重 直行
ああ。イカ天に出た時の89年11月、おれは10歳だった
零乃瀬 知里
「イカ天」って土曜の午前1時くらいに放送されてたんだよね
八十島 小夜子
当時の小学生がそんな遅い時間にテレビ見てていいわけ?
九重 直行
姉がバンド好きで、イカ天をビデオで録画して見てたんだ。それをコッソリ見る感じかな
十念 絵馬
ビデオって、ビデオテープのことですか
零乃瀬 知里
どんなバンドが人気だった?
九重 直行
地方の小学生だったしクラスでロックを聴く奴は少なかったけど、89年だとBOØWY、ブルーハーツ、ユニコーンあたりが人気だった
八十島 小夜子
80年代インディーズブームといっても、地方まではなかなか波及してなかったのよね。わたしの周りではラフィンノーズのファンの不良がいたくらい
零乃瀬 知里
でもさあ、カッコつけたバンドが多かったでしょ。たまが出てきたときはコミックバンドとか思われなかった?

 

九重 直行
色物として見られたのは確かだけど、小学生の頭でもシュールで少しアングラっぽい感じは理解できた
十念 絵馬
10年代の僕らが「さよなら人類」とかを聴いても、一発で口ずさめますよね
九重 直行
おれは学校で、たまについて語りまくったんだけど、最初は「ふーん」って感じだった
零乃瀬 知里
紅白に出たのは90年の大みそかだから、たま現象はその前くらいになる?
九重 直行
『さよなら人類』の発売が90年5月で、メジャーでの1stアルバム『さんだる』が10月。父親が読んでいたスポーツ新聞にもたまの記事が出ていた気がする
零乃瀬 知里
インディーズなんて言葉も知らない地方の一般的な音楽ファンには、インパクトあったでしょうね
九重 直行
小学生だったから、知久さんと石川さんのキャラに圧倒されて「たまだー!」みたいに騒いでたけど。中学になってもたまを聴いていたファンは『筋肉少女帯』とかも聴くようになった
十念 絵馬
サブカルコースまっしぐらですね
九重 直行
リアルタイムでたまのコピーバンドはほとんど見なかったけど、たまファンで小説家志望や漫画描いてるヤツ、演劇志望者は何人もいた
零乃瀬 知里
mixiではたまのコピーバンドのメンバー募集を見たけどね

まとめ

いかがでしたか。

平成最後の日に書いた記事が、「たま」に関してのものになってしまいました。

たまはブレイクしていた期間は短かったものの、03年(平成15年)まで活動を続けていました。

平成を駆け抜けたモンスターバンドや歌姫とは一線を画した「たま」の活動は、内向的な私の心に残り続けております。

記事のリライトは定期的に続けておりますが、当ブログはあえて「たま」で平成時代を締めくくりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。令和時代も当ブログをよろしくお願いいたします
弐銃 ねん

-音楽雑記

Copyright© サトミマンガ.com , 2019 All Rights Reserved.