オカルト研究

人はなぜ前世を信じるのか? 多角的な視点で輪廻転生を徹底考察 

更新日:

あなたは前世、生まれ変わりを信じていますか?

現在のところ、前世はおろか魂の存在さえも、科学的には証明されておりません。

 

はじめにご承知おきください。

本記事は前世について肯定派、否定派それぞれの立場から多角的に見て、その魅力と危険性を考察する内容です。

 

結論から言えば、前世及び輪廻転生に科学的な根拠は認められないものの、世界中で「前世を記憶する人々」という例が相次いでいます。

真偽はともかく、古代から人々の心のよりどころとなり、情報革命社会の現在に至っても人々を魅了して止まない概念なのは間違いないでしょう。

 

「前世とは何か」検索すると、占いアプリや無料の前世診断法などの、ほほえましいサイトも多く表示されます。

一方で、スピリチュアルカウンセラーによる高額な前世診断やセミナーなどの、金銭的なリスクを伴う正直「うさんくさい」サイトも存在しています。

もちろん、スピリチュアルすべてを否定するものではありませんが、本記事では主に読者の知的好奇心に訴える読み物を目指しています。

 

当ブログのスタンスは、たとえオカルトと言われている事柄でも「あったら良いな」と思うものは肯定的に捉えております。

一方で、詐欺まがいの霊感商法やセミナー、スピリチュアルに傾倒する姿勢には断固として反対です。

 

前世や来世が本当にあったとしたら、どんなにステキなのでしょう
弐銃 ねん

前世とは何か なぜ生まれ変わりは多くの人の関心を集めるのか

生まれ変わりとも、過去世とも言います。

ひとつの魂が、時空を超えて何度も繰り返し生まれ変わっていく…

という考え方で、世界中の多くの宗教にみられます。

チベット仏教の経典『死者の書(バルド・トドゥル)』にも記されており、物質である肉体は滅びるが、死者の意識の流れは途絶えることはないというものです。

 

古代の宗教から、占いや漫画まで、前世や輪廻転生は繰り返し語り継がれてきました。

 

十念 絵馬
生まれ変わりについては民話や昔話などでも生まれ変わりをモチーフとしたものは多く、多種多様な物語がいまも文献として残っています
零乃瀬 知里
永いこと人類は、来世があると思わなければやってられないほど過酷な環境におかれていたし

輪廻転生と宗教

輪廻転生や生まれ変わりはヒンドゥー教やチベット仏教など、主にインド哲学・東洋で信じられている概念です。

ヒンドゥー教では輪廻(サンサーラ)は教義の根幹とされ、信心と業(カルマ)によって来世の運命が定まると言われています。

 

ブッダの教えでは輪廻転生を苦としてとらえ、輪廻からの解脱を目的としています。

もともとインド思想には、人間は罪があるゆえに何度も生まれ変わり、何度も苦しむという輪廻転生の考え方がありました。それがお釈迦様の思想の前提になっています。

引用元:ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、神道、儒教  世界の裏側がわかる宗教集中講座 井沢元彦 著 徳間書店

十念 絵馬
現代の仏教学の説の中には「ブッダは輪廻転生を否定していた」説もありますが
九重 直行
宗教は何かと難しいよなあ

のちに仏教では、これを「六道(りくどう)」というかたちに整理します。六道とは、一番上から天道(天上界)、人道(人間界)、修羅(しゅら)道、畜生(ちくしょう)道、餓鬼(がき)道、地獄道という順に存在する、輪廻転生に属する六つの世界です。例えば、今は人間でも、悪いことをして畜生道に落ちると、死んだのち動物に生まれ変わるということです。

(カッコ内ルビは引用者)

西洋でも古代ギリシアのピタゴラス教団、プラトンなどにみられ、初期のキリスト教にも輪廻思想があったと言われています。

※現在のキリスト教には輪廻転生の概念は存在していません。

 

八十島 小夜子
ユダヤ教の神秘主義思想のカバラでも輪廻転生はあると言われているわね
九重 直行
ちょっと待った。その知識はブライアン・ワイス博士の『前世療法』の解釈から来るものだろう

 

カバラはユダヤ教の形而上学(けいじじょうがく)です。

霊魂や死後の生、世界の創造、終末の出来事など、神秘主義的な題材が扱われています。

様々な意見や読み取り方があり、何百冊も関連書物がありますので、ここではひとつの意見として紹介するにとどめます。

 

前世療法については改めて見出しを設けました。

 

本記事ではざっくりと輪廻転生、特に前世についてスケッチをするように前世が持っている魅力を語りたいと思っています。

宗教学会の定説とは異なる部分も多々あるかと思いますが、ご了承ください。

 

十念 絵馬
あくまでも主観的な考察ですね
零乃瀬 知里
だけどやっぱり輪廻転生と言えば、チベット仏教を思い出してしまう

 

ダライ・ラマ14世の言葉を紹介しましょう。

輪廻転生の考え方では現世は一つの段階に過ぎません。

すりきれた衣服を脱いで着がえるのと同じです。

古くなった服は捨てて新しいのを着るでしょう?

古い肉体が滅びても意識は絶えないので、活力にあふれた新しい体で、また出直すわけです。

こう考えると、死は生の一部という存在を超え、生命の本質を追及する絶好の機会となります。

引用元:NHKスペシャル チベット死者の書

 

八十島 小夜子
ずいぶんとあっけらかんと言うものね…
九重 直行
人間が人間に生まれ変わるとは限らないんだけどな
十念 絵馬
知里さんの前世は人間ではないように思いますね
零乃瀬 知里
…どういうこと?
十念 絵馬
神秘的な人柄ということです。誉め言葉ですよ

意外とハードルが高いけれど、しっくりくる「前世を信じる」ということ

前世を信じるためには、前提としてまず二つの条件を信じる必要があります。

「人間には不滅の魂がある」ということと「魂は時空を超える」という概念です。

 

零乃瀬 知里
冷静に考えてみると、前世を信じるためのハードルって高いよね
八十島 小夜子
にもかかわらず、生まれ変わりって違和感なくしっくりくるわ
十念 絵馬
「魂」の存在も、科学的に証明された訳ではないのに興味深いです
九重 直行
日本人の宗教観にしみついている感じがするよな
零乃瀬 知里
あたしは特に信心深いわけでもないけど、確かにしっくりくる

ニューエイジ思想と輪廻転生

ニューエイジは60年代後半にアメリカで発生したカウンターカルチャーであるヒッピー文化を源流とします。

泥沼化するベトナム戦争に反対する政治的な反体制運動の一面もある一方で、物質文明を否定し、精神性を重んじる傾向もあります。

欧米発の文化でありながら、インドなど東洋の宗教、哲学などがもてはやされたことも特徴の一つです。

 

十念 絵馬
ヒッピー、ニューエイジ運動の流れの中で、輪廻転生は注目されました
零乃瀬 知里
何でニューエイジかと言うと、西洋占星術ではおよそ2150年周期をひとつの星座時代として考えるわけ
八十島 小夜子
12星座が黄道上を約26000年をかけて一周するのね
零乃瀬 知里
20世紀の終わりころ、魚座から水瓶座の時代への変革期ということで、ニューエイジ
九重 直行
一説によれば、言い出したのはユング心理学でおなじみのカール・グスタフ・ユング博士だとか
十念 絵馬
晩年のユング博士はオカルトに傾倒していたのも有名な話ですね

 

このような時代背景と、西洋社会の行き詰まり(自然破壊、物質文明の弊害、核戦争への恐怖など)が重なり、当時の若者たちの心情は「新しい価値観=精神世界」に傾倒していきました。

オカルトブームが起きたのもニューエイジの影響にあります。

オカルトブームに関しては、以下の記事を参照ください。

オカルトブームを振り返る 70年代~90年代編

次項で取り上げる前世療法もまた、このような時代背景の中で人々の支持を受けました。

前世療法

『前世療法』は、88年に出版された米国精神科医のブライアン・L・ワイス博士の著作です。

精神的なトラブルを抱える患者に、子供時代を思い出させて現在の苦痛を緩和しようと退行催眠を試みた結果、前世の記憶を呼び出してしまったという体験談を書いたものです。

この本はニューエイジ・ムーブメントに乗り、世界的なベストセラーとなりました。

 

十念 絵馬
前世療法は、今なお賛否両論があります
八十島 小夜子
ワイス博士は発表するかどうか4年悩んだそうね
零乃瀬 知里
結果的に多くの支持者を得る一方で、問題にもなったんでしょ
十念 絵馬
前世療法および退行催眠は被験者に「偽物の記憶」を植え付けてしまう危険性もあると言われています
零乃瀬 知里
人間の記憶っていうか五感は騙されやすいもんね
十念 絵馬
実際は虐待されていないのに、「虐待された記憶」をもつ子供がたくさん現れました。そして実際に裁判になり、多くのえん罪を生みだしました
九重 直行
前世療法を行う人によっては「虚偽記憶」に誘導されてしまう危険性もあるんだな

 

前世療法はとても興味深く、魅力的なものです。

私もセルフ前世療法などを試したいと思っているくらいです。

しかし一方で、不要なトラブルを避けるためにも、虚偽記憶に関する危険性は認識しておくべきでしょう。

魂は科学的に証明できない

人間の「魂」について、現在の科学では存在を証明することはできていません。

世界中の科学者・哲学者が今も頭を悩ませ続けている「人間の意識」についても、確かなことは分かっていません。

現在の通説では、意識は脳内の電気化学的反応によって生み出されていると言います。

脳内の無数の入り組んだ網状組織の中で、800憶を超える神経細胞ニューロンが結びついて、電気信号をやりとりすると、主観的な経験が生まれるとのことですが…。

魂については実在さえ分からない状態です。

 

零乃瀬 知里
人が亡くなる瞬間に21グラム軽くなるって言うじゃない?
十念 絵馬
いわゆる魂の重さ=21グラムは、科学的な信ぴょう差はないそうですよ

 

一方、一神教の世界観では魂の存在が前提であり、人間だけが魂を持つものとして説かれています。

 

九重 直行
ユダヤ教やキリスト教などでは、人間だけが魂を持っていると言われているよな
零乃瀬 知里
キリスト教の世界観では、あたしたちが話せるのは、「神が人間に魂を入れたから」だっけ?
十念 絵馬
『創世記』第一章28によれば、「神に似せて作られた人間に、海の魚や鳥、家畜や獣も含めた地上を治めよと言われた」と書かれています
八十島 小夜子
一神教徒ではない日本人には、あまりにも人間中心の見方だし、神との関係性がダイレクトすぎてピンとこないけれど…
九重 直行
日本の昔話では動物にも魂があるし、話したり恩返ししたり身近だよな
十念 絵馬
旧約聖書に記されている時代のユダヤ教は、農業と羊飼いを生業として生活していたので、戒律の大半はそうした暮らしに関する掟が多いわけです

ところが、最新の科学的発見は、この一神教の神話をきっぱりと否定している。たしかに、研究室での実験で、この神話の一部が正しいことが裏付けられてはいる。

まさに一神教信者の言うとおり、動物たちには魂がない。これまでどれほど労を惜しまず念入りに調べてみても、ブタやラットやアカゲザルなどには、魂らしきものなどほんのわずかでも見つかったためしがない。

『ホモ・デウス』上巻 ユヴァル・ノア・ハラリ 著 柴田 裕之 訳

世界的なベストセラーとなった『サピエンス全史』で知られるイスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリ氏の著書『ホモ・デウス』より引用を続けます。

この本は輪廻転生とは直接の関係がありませんが、テクノロジーが行きつく先で、人間が自身を神々にも等しい能力を持った存在『ホモ・デウス』にアップグレードする未来を描いて見せた、大変知的好奇心を刺激する著作です。

科学者たちはホモ・サピエンスに何万という奇怪な実験を行い、私たちの心臓や脳を隅から隅まで調べてきた。だが、これまでのところ不思議な輝きは見つかっていない。ブタとは違ってサピエンスには魂があるという科学的根拠は皆無なのだ。

魂の存在を否定する科学者の著作はたくさんある中で、なぜ私がイスラエルの歴史学者の著作を引用したのか、「なんで?」と思う方もいるでしょう。

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の視点が、魂について、心についても宗教的、科学的な両方の視点で掘り下げてあると思ったからです。

 

八十島 小夜子
科学的に根拠はなくても、実感として魂や心は「ある」と感じてしまうよね
零乃瀬 知里
魂や心が脳の錯覚だとしても、全人類がほぼ例外なく騙されているのはある意味すごい
九重 直行
どの文化圏でも、魂はともかく人間の「心」については否定しない

前世に対する疑問点と矛盾

零乃瀬 知里
前世占いとかで、卑弥呼、クレオパトラ、マリー・アントワネット多すぎ問題
九重 直行
美輪明宏は天草四郎とサラ・ベルナールの生まれ変わりを自称してたっけ
八十島 小夜子
なんて贅沢な転生者なの
九重 直行
一般人にしても、前世が有名人だった奴が多すぎるよな
零乃瀬 知里
あと貴族も多すぎ
十念 絵馬
…というよりも、そもそも過去と現在では人口が違いすぎますからね
零乃瀬 知里
前世が虫や鳥の人がいっぱいいないと計算が合わない
八十島 小夜子
それを言ったら実もフタもないけど…

 

現代の世界人口は75億人を突破したところで、2050年までに97億人まで増加すると言われています。

もし前世があるのならば、虫や鳥などが続々と人間に転生している計算になります。

その一方で、前世占いなどではほとんどの人間の過去生は人間になるので矛盾があるのではないでしょうか。

なぜ人類は輪廻転生を思いついたか

ここまでは批判的に前世を考えてみました。

しかし、それでも輪廻転生を信じることには圧倒的なメリットがあります。

詳しく述べたいと思います。

 

そもそも何故、人間が輪廻転生を思いついたかと言えば、おそらく自然災害や飢え、病気、事故などに対して、圧倒的な無力を感じていたからだと思います。

保険制度や社会保障はおろか、医療すらもない文字通りハードモードな人生の中で、人々は考えたのでしょう。

これに加え、新生児の死亡率など、現在では考えられないほど、人類にとって死は身近なものでした。

いともたやすく消えてしまう、儚すぎる命について、先人たちの胸をかきむしるような思いが、輪廻転生を思いつかせたのではないかと確信しています。

 

現代を生きるわたしたち人類は、途方もない困難を乗り越えてここまでたどりついてきました
弐銃 ねん
零乃瀬 知里
だからと言って、この世界は理想郷とは程遠いわけで…

 

輪廻転生を信じることで、死(および絶望)への恐怖を軽減できるために、人はこのような考え方を思いつき、受け入れたのではないでしょうか。

ブッダからすれば、生きることは苦しみですから、輪廻の檻から解脱すべきものなのでしょう。

輪廻転生をテーマにした創作物

前世モノ、転生モノは日本人の宗教観にマッチしているのか、たくさんの数が日々作られ、発表され続けています。

時代によって浮き沈みはあるでしょうが、おそらくこの流れは今後も続いていくと思います。

代表的なモノをいくつか取り上げ、雑談してみます。

いわゆる転生モノのジャンルで神様転生と呼ばれるものは別記事を準備中です。

 

九重 直行
輪廻転生と言えば、手塚治虫の『火の鳥』が思い浮かぶな
十念 絵馬
三島由紀夫の『豊饒の海』四部作も有名ですよね
零乃瀬 知里
澁澤龍彦『高岡親王航海記』は外せない
八十島 小夜子
前世モノの漫画といったら、『僕の地球を守って』でしょ!
十念 絵馬
この手のジャンルはスケールの大きな作品が多いですが、『老女的少女ひなたちゃん』のような日常的な視点もなかなか楽しいですよ

 

大切な人を失ったとき、「来世でもまた会いたい」と思う。

祖父母や両親、親友や兄弟など、身近で大切な人を亡くした際に、人は自然と「生まれ変わったとき、また会えたら」なんて思うのではないでしょうか。

来世などない。

人は死んだら無に帰る。

このような考え方は、実際に大切な人を亡くした経験がある人にとってあまりにも残酷で救いがない。

 

人間には寿命があり、たとえそれが定められたものだったとしても、悲しみは尽きないものです。

自分よりも年長者ならまだしも、同年代や希望に満ちた幼い存在が消えてしまうのは耐え難い苦しみです。

 

そんなときに、霊魂や魂の存在や宗教も一縷の救いとなります。

来世や生まれ変わりの考え方も、「あったらいいな」と思うと胸が詰まるような気持ちです。

もう二度と会えない人たちと再び会うことが出来たら、どれほどステキなことなのでしょう。

 

一方で残念なことに、そういった人の悲しみに付けこんでお金を稼ぐ人がいるのもまた事実です。

お互いが納得のできるWin-Winの関係ならば良いですが、中には平気で人を食い物にする者たちもいます。

 

零乃瀬 知里
こればかりは見極めないと

まとめ

現時点では、前世はおろか魂の存在さえも科学的に証明できることはできません。

しかしながら前世や生まれ変わりや不滅の魂は、私たちの気持ちには非常にしっくりくる概念で、信じる人も多いのではないかと思います。

 

人間は死ぬと無になる。

来世などない。

 

このような考え方に耐えられるほど、多くの人の心は強く(あるいは無神経?)というわけではありません。

特に家族や友人など、身近な人を失った人にとってはなおさらです。

 

零乃瀬 知里
ペットを失ったときも、喪失感はすごいからね。転生してきてくんないかな…
九重 直行
科学的な根拠がなくても、救いにはなるよな
十念 絵馬
ですが、くれぐれも人の弱みに付け込む輩にはご注意を…
八十島 小夜子
最後まで読んでいただき、ありがとうございました

 

-オカルト研究

Copyright© サトミマンガ.com , 2019 All Rights Reserved.