スクールカースト二軍

内向的な人へ 年代別考察

スクールカースト 2軍の特徴を詳しく考察 卒業後あるある

更新日:

スクールカーストで2軍と呼ばれる人たちの特徴はどんな感じでしょうか。

クラスの中では一番目立つグループではありませんが、基本的には学生生活が「いい思い出」になる人たちでしょう。

人数的には、この層が一番多いです。

社交的な人もいれば、内向的な人もいます。

どちらかと言えば、バランス感覚に優れているでしょう。

スクールカースト自体については、こちらの記事にまとめました。

スクールカースト 1軍・2軍・3軍 特徴と対策を全軍経験者が分析

 

よく言われる二軍の特徴としては…

クラスの中心とも話はしますが、基本的には大人しく自己主張もさほど激しくなく、従順な生徒が多い印象です。

マイナー系運動部(卓球部・)文化系の部活動(囲碁・将棋等)に所属している男女を差します。

ただしマイナー系部活動でも、強豪校だったり全国レベルの個人ですと一軍に所属する生徒もいるでしょう。

 

そんなスクールカースト中層である2軍のその後はどうなるのでしょう?

卒業後あるあるをまとめてみました。

 

あくまでも個人の考察であり、二軍の将来はコレだと決めつけるわけではありません。

また、地方の公立中学校でのスクールカーストを想定した「あるある」ですので、お住まいの地域とはかけ離れているかも知れません。

この二点はご了承ください。

スクールカースト2軍の特徴

私の経験や観察してきた中から、二軍の特徴を一言でまとめてみると…

「ほどほど感」

これに尽きるのではないでしょうか。

 

一軍の中には「俺が!私が!」という主張が激しい人たちが多いでしょう。

そうした中で、程よい地位に納まっている印象があります。

もちろん例外もあるでしょうが。

 

良くも悪くも私たち日本人の一般的なイメージに近い人たちだとも言うことができます。

基本的には穏やかな人が多く、個性的な人やマニアックな趣味を持つ人でも仲間内以外で積極的にアピールすることはまずありません。

この辺りの積極性が、一軍と二軍を分かつ最大の境界線となります。

 

十念 絵馬
逆に三軍の中には積極的に変な自己アピールする人もいますけどね
零乃瀬 知里
『痛い奴』ね…
十念 絵馬
自分で言ってて情けなくなりますけどね…

 

そんな二軍に所属する人の中には、世間体を気にする人もいるかと思います。

世間体が気になって生きづらい人に伝えたい「振り回されないコツ」

一番、「常識人」が多い層でもありますから。

加えて他者からの評価に敏感という点も挙げられるでしょう。

 

一軍の中には、けっこう非常識だったり、相手の気持ちを考えないでものを言う人も多いでしょう。

三軍の中には、世の中の常識や普通の基準から、完全に開き直って独自の人生を歩む人たちも少なくはありません。

そうした極端な考え方からはもっとも遠いのが二軍の「ほどほど感」の由来のような気がします。

二軍の容姿の特徴

カースト上位だからと言って美男美女揃いというわけではありません。

二軍の中にもイケメンや美人はもちろんいます。

ですが、髪型も普通だったり、どちらかと言えば地味な印象の生徒が多いのではないでしょうか。

もちろん趣味の良い人やオシャレな人も存在しますが、一軍のような華やかさや自己主張は少ない印象です。

 

零乃瀬 知里
二軍だからと言ってフツメンってことはないよね
十念 絵馬
まあイケメンや美女の二軍は控えめな人が多いですけどね

 

学生時代に地味だった女子が、大学でお化粧するようになって見違えたなどという話はよく聞く話だと思います。

同窓会などで、一軍の男子たちが積極的に話しかけてきたりするケースもあるでしょう。

 

八十島 小夜子
80年代、女子高生がお化粧するのと不良から目をつけられるのよ
九重 直行
90年代もそういう風習はあった気がするぞ
零乃瀬 知里
まあ00年代のギャルとかは基本一軍だしね
十念 絵馬
女性の場合だと化粧もカーストの影響を受けるのですね…

 

スクールカーストの影響が特に強いクラスでは、カースト上位者によるオシャレの線引きをされる場合もありました。

ヤンキーが廃れた現在ではあまり見られない光景かも知れませんが、上位者の中にいたヤンキーやギャルの中には、カースト下位のオシャレを「調子に乗ってる」とバカにしたりする者もいました。

どちらかといえば文化系寄りが多い

一軍の関心は部活の成績や校内のうわさ話など、人間関係が近い話題で盛り上がります。

これに対して、二軍の中には文化系寄りの話題で盛り上がるケースが多いのではないでしょうか。

ちょっと乱暴な言い方ですが、強豪校のサッカーやバスケ部員(一軍)は、自分たちの周囲にあることが話題の中心であることが多いでしょう。

それに対して二軍の話題は、ちょっと遠いマンガや携帯ゲームの話題の方が多いところもあるのではないかと。

三軍になると完全に架空の世界(ファンタジー含む)の話題がメインになるケースが多いですけれども。

 

休み時間の教室でも、二軍の会話は文化系寄りの傾向があります。

 

零乃瀬 知里
一軍のいる空間で校内のうわさ話はしずらいから…
八十島 小夜子
どうして?
零乃瀬 知里
彼らが会話に介入してくる可能性があるもの

 

現実問題、二軍に属する人たちがそこまで一軍の動向を気にしてないとは思います。

あくまでも私の印象ではありますが、二軍の人たちの会話はマンガだったり音楽だったり、気質的には文化系的に寄っているような印象があります。

もちろん一軍もマンガは読む人はいるでしょう。J-POPも聴くでしょう。

ただ、あくまでも気質的には社交的な体育会系の人が主流です。

 

これに対して二軍はややサブカル寄りだったり、癖のある音楽だったり。

三軍ほどではありませんが内向的な人が多いのも二軍の特徴です。

あくまでも印象なので、そうじゃない事例はたくさんあるでしょう。

 

零乃瀬 知里
同じ少年ジャンプ読むのでも一軍は「ワンピース』の話題で盛り上がり、二軍は『ピューと吹くジャガー』で盛り上がる。00年代ね
九重 直行
偏見かも知れないけど2軍の「ほどほど感」は週刊少年サンデーのマンガに通じるものがあるよな
十念 絵馬
『まんがタイムきらら』を愛読する一軍はまずいないでしょうからね…

 

極端な例かも知れませんが、一軍男女はスポーツや恋愛などリアル生活が充実しているため、コンテンツを楽しむ際にしても、仲間内での盛り上がりなどが優先されるのでしょう。

必然的に、大ヒットコンテンツ、J-POPなど多くの若者の目に留まるものが中心になります。

 

これに対して二軍男女では「自分が良いと思える」作品を素直に楽しむ下地があると言えるかもしれません。

彼らの多くが文化系の部活に所属していることも関係しているでしょう。

最近では二軍のメンバーの中に、かつては三軍と一方的に決めつけられていた「オタク」も含まれるかもしれません。

 

九重 直行
サブカル層の多くも二軍にいることが多いかな
八十島 小夜子
一軍の話題は、どうしても仲間内の身近な話題が中心だからね

問題点・「必死でがんばる人を嘲笑する」という悪しき価値観

日本の学校生活では、「一生懸命に努力をすること=ダサい」という誤った価値観が存在しています。

大抵はできない人のひがみなのですが、とても人を傷つける態度・言葉ではないでしょうか。

絶対に間違っている考え方です。

偏差値の高い学校や、意識の高い学校ではさすがにそうした考え方の者には注意が行くでしょう。

ただ、この間違った価値観はあまり深刻に考えられていないのが現状ではないでしょうか。

 

零乃瀬 知里
中学の時マラソン大会で運動が苦手な子(三軍)が転んだの。立ち上がって、泣きながら必死に走ってたら周りから笑われてた
八十島 小夜子
がんばってるのに、ひどい
零乃瀬 知里
教師まで「ベソかきながら走るなよ」と笑ったこと。本当に最低

 

このような考え方をする者は、カーストを問わず存在します。

一部の人間ではありますが、必死になって頑張る人を嘲笑する。

とても残念なことですが、似たような例は未だにあるのではないでしょうか。

嫌な奴を見極める方法と嫌われる人の2大特徴 

 

十念 絵馬
「出る杭は打たれる」のが日本社会ですからね
九重 直行
でもマラソンの話は「出る杭」じゃないぞ

 

このエピソード自体は二軍の特徴とは何の関連もありません。

 

ただ、二軍の特徴として挙げられる積極性にやや欠けるところ同調圧力に屈するケースが多いというところに問題が潜んでいます。

たとえばカースト上位の心無い者が下位の者をいじめや無視のターゲットにしたとします。

この場合、中層の二軍が無視などに加わることで、いじめがクラス中に決定的に広まってしまうのです。

 

決して悪人ではないはずの二軍の人が、心無い者に同調することでいじめに加担してしまう。

いじめられた当人にとって「お前らも同罪だ」という暗い哀しみを背負わせてしまいます。

卒業後あるある

あえて挙げるならば、郵便局員、市役所などの職員(スポーツ課以外)司法書士や税理士などの事務所勤務。

JA職員やJR職員等の「堅実」とされる職種が「卒業後あるある」でしょうか。

零乃瀬 知里
何かと派手な一軍も、卒業後は落ち着く場合がほとんどだし

一軍のその後について詳しくはこちらの記事に詳しくまとめました。

スクールカースト 1軍のその後あるある(地方都市編)

 

 

もちろんクリエイター系にも二軍出身者は多いですし、音響関係やスタジオミュージシャン、酪農家や農業を営む人もいるでしょう。

普通に大手企業に勤める人もいるでしょうし、外資系IT企業に勤める猛者もいるはずです。

雑誌の編集者やライターなども、二軍出身を公言している人は少なくないはずです。

 

「卒業後あるある」としましたが、いちばん人数が多く、やりたいことも価値観も多岐にわたるグループなので、コレという職業に決めつけるのも的外れな考察となってしまうでしょう。

 

二軍の出身者の卒業後の印象は、いい意味でも悪い意味でも「お前、変わらないなあ」といったところでしょうか。

一軍出身者はスクールカーストや狭い価値観にとらわれてしまい、ちょっと「痛い大人」に見えるケースもあります。

しかし二軍出身者の大半は、まっとうな社会人でありながら、学生時代の表情や雰囲気を持ち合わせる人も多いのではないでしょうか。

 

彼らの最大の特徴である「ほどほど感」は、学生時代に培われたものであり、大人になっても極端に変わることは少ないはずです。

 

九重 直行
その点、3軍は変わる
八十島 小夜子
男女問わず、成功すると見違えるように派手になる場合も
十念 絵馬
僕らもそうなりたいですよね、知里さん
零乃瀬 知里
ちっ…

まっとうな人生を送る可能性が一番高い

言うまでもなく、学生時代なんて長い人生のほんの一部の時間であり、いつまでも縛られるようなものではありません。

人生は努力すれば報われるとは限りませんが、堕落してしまえばほぼ例外なくひどい人生が待っています。

二軍の人たちは、基本的にはまっとうな人生を歩む人が一番多いグループではないかと思います。

 

根拠のある数値で説明できないので、ただの空想に過ぎないのかもしれませんが、私なりに考えた根拠を述べていきます。

 

ニートや引きこもりになる人たちの割合は3軍が突出しています。

こんなことを書くと偏見を助長する可能性があるので書きたくないですが事実です。

もちろん一軍や二軍でも心に深い傷を負った結果、そのような境遇になってしまう例はあるでしょう。

子供の頃からチヤホヤされていた一軍の挫折は、反動が大きいこともあるかもしれません。

 

十念 絵馬
二軍の「ほどほど感」は、極端さとは無縁な場合が多いでしょう
零乃瀬 知里
あたしはニートや引きこもりを極端とも挫折とも言いたくないけど

 

1軍出身者は根拠のない自信を持ち、夢を追って芸能人やモデルを目指す人たちもいるでしょう。

カフェやバー、ラーメン屋を経営することを志す人もいるでしょう。

残念ながら、彼らのすべてが成功できるとは限りません。

もちろん成功する人もいるでしょうが、長続きせずに転落する人もいるでしょう。

基本的には、元一軍ですから故郷は温かく迎えてくれるはずです。

ただ、夢を追った結果、中には心に傷を負って帰省する人たちも少なくないでしょう。

 

九重 直行
いやいや二軍だって「夢追い系」はいるだろうに
十念 絵馬
ジェットコースターのような人生は一軍と三軍に多い印象です

 

もちろん何かを目指して夢を追う若者は、カーストを問わずに一定数いるでしょう。

夢破れて現実と折り合いをつける能力も、中層である二軍がいちばん高いのではないかと思うのです。

○○才までに結婚して、○○才までにマイホーム。

人生設計が明確なのも二軍出身者の特徴の一つでもあります。

二軍出身者が成功する黄金パターン

多くの日本人がそうであるように地道に実績を重ねて地位を上げていくのが成功パターンだと思います。

いわゆる成り上がりは全軍中もっとも少ないと思いますが、二軍出身者が成功する黄金パターンが存在します。

カリスマ系のリーダーが率いるプロジェクトチームで成果を出し、名を上げるケースがそうです。

リーダーは元1軍かもしれませんし、元3軍かも知れません。

おそらく強烈な個性の持ち主でしょう。

 

そのようなリーダーの元で地道で的確なサポートを続け、気づいたらカリスマ以上に成功を収めていた。

そんな例もあるのではないでしょうか。

加えて、ともすれば危なっかしいカリスマ型リーダーです。

ワンマンが原因で組織を追われたり、プロジェクト自体を放り出してしまうこともあるかもしれません。

そんな事業を引き継ぎ、調整役もこなしつつ完成させることができるのは、子供の頃から「ほどほど感」を発揮しクラス内で絶妙な地位に付けていた二軍出身者ではないでしょうか。

まとめ

スクールカースト二軍の特徴は一言で言うならば「ほどほど感」

無難と言っても良いでしょう。

これに尽きると思います。

カースト(身分制)とは言われますが、明確な序列があるわけでもありません。

ただ言い出しっぺが多く発言力、同調圧力の強い者が一軍に多いだけです。

一軍にいるからと言って陰で嫌われている人もいるでしょう。

 

卒業後に立場が逆転する例など、巷に満ち溢れているわけです。

 

単純に言うと一軍は「落ちる」可能性があり、三軍は「化ける」可能性を持ち合わせる。

これに対して二軍は「変わらない」ことが最大の特徴なのかもしれません。

 

 

 

八十島 小夜子
最後まで読んでいただき、ありがとうございました

 

-内向的な人へ, 年代別考察

Copyright© サトミマンガ.com , 2019 All Rights Reserved.